プロダクトハウスとは?

「プロダクトハウス」ってどんな家?

まずはプラン選び→仕組みができているので→最適コストで出来上がり!

あらかじめ図面~組立の仕組みを構築する新しい家づくりの方法です。

個別設計の大きな問題点

 多くの住宅は、施主と設計者や営業マンが打ち合わせをして、これから建てる家の情報が図面にまとめられます。その図面をもとに部材が選定・加工されて現場で一棟ずつ組み立てられます。同じ図面は二度と使用されることはなく、どんな住宅でもこのプロセスを経て家は建てられます。 これが家の価格を上げたり、瑕疵が絶えない理由の一つになっています。つまり設計の労力はどんな家でも等しくかかり、かつ使う材料や工事の内容も現場ごとに異なってくるため、設計や施工の経験値が積み上がりにくいのです。

図面・仕組み先行がプロダクトハウス

 これに対してプロダクトハウスというのは、先に図面を作成して、その図面に合わせた部材流通や加工・組み立ての仕組みをあらかじめ構築しておく方法です。ユーザーはすでにある図面から選んで建てる家を決めることになります。この方法だと、最適・最短のプロセスで家をつくることができ、同じ品質のものなら一から設計するよりもぐっとコストが下がり、瑕疵の確率もぐっと減ります。

豊富なバリエーションとインフィル自由化

 欠点は、間取りやデザインの制約があるという点にあります。この問題を解決するために、「小さな家。計画」では、一流建築家による精選プランをたくさん用意することを計画しています。たくさんのデザイン、間取りのなかから自分に合った間取りやデザインを選べるので、この欠点はだいぶ解消されます。
 それと同時に箱だけ提供して、間取りやインテリア(これをインフィルと総称します)は自由に選べるプロダクトハウスも開発します。気にいった外観の家を選び、インフィルを自由に設計できるとなると、プロダクトハウスの欠点はかなり解消されます。
 このようにプロダクトハウスとは、きちんとした性能で自分に合った家を最適な価格で得るために大変有効な手段なのです。

ページのトップへ
このページについてつぶやく