プロダクトハウスの紹介

光熱費ゼロ住宅を目指して CUBE BOX in BOX T-HOUSE 成長する家 半農半居 i-works・15坪の家 フォルクスA-Pro 木造ドミノ住宅 モイスのいえ
BOX in BOX
開発者 / 更田 邦彦+横尾 真 (更田邦彦建築研究所+OUVI )

基本価格  Ask 万円(税別)~

延床面積 25.6  坪(84.69m2

融通性の高い「外部」をもつ大らかな家

設計のコンセプト―
「箱の中に箱がある」

 文字通り「箱の中に箱がある」という住宅です。なぜ、こんな家を考えたかといいますと、昔、ある古い倉庫の中に入ったときに、ポツンと置かれた大きな木箱がとても魅力的に思えたことがキッカケとなっています。さらにその木箱の中に入ると、子供の頃に押入の中でいろんなことを空想したことを思い出したのでした。後になってそのことをいろいろ考えてみると、はじめに大らかな覆いに包まれていることが、その中に置かれた箱とその周りの場所を魅力的にしているとわかったのです。この思い出を形にしました。

間取りの特徴 ―
間=スペースの取り方

 この住宅の内部は、箱の外側の空間と箱の内側の空間に分かれています。その箱は高気密・高断熱化を図っていますので、内部は寒いときでも暑いときでもエネルギーをかけずに長時間快適に過ごすことができる空間です。箱の外部は大きな一体空間ですので、ガレージスペース、アトリエ、キッチンスタジオなどの趣味のスペースと一体となるような、そして住宅の外部へもつながっていくような場所になるでしょう。この住宅における「間取り」は、ライフスタイルに応じた<間=スペースの取り方>ということなのです。

こんな暮らしにFIT ―
嗜好や活動とともにある暮らし

 いつでも自分の愛車を眺めていたい、好きな自転車に触れていたい、土のついた新鮮野菜を持ち込んでみんなでわいわい料理をしたい、陶芸の工房にしたい、スポーツジムにしたい、ボランティア活動の拠点にしたい…などの嗜好や活動とともにある暮らしにぴったりです。

外観

外観1

外観2

南側外観

東側外観

北側外観

西側外観

インテリア

内観01

内観02

内観03

リビング

ラウンジ01

ラウンジ

キッチン

寝室

仕上げ材

天井

設計図書

平面図

※掲載されている画像及び映像はすべて図面に基づくCGです。
建築家プロフィール
横尾真:右(OUVI)

2001年:東海大学大学院工学研究科修了
2001年~2004年:池田昌弘建築研究所
2004年~OUVI 設立
2005年~:東海大学非常勤講師
2011年~:東京理科大学非常勤講師

更田邦彦:左(更田邦彦建築研究所)

1983年:武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業
1983年~1988年:椎名政夫建築設計事務所
1989年:更田邦彦建築研究所設立
1995年~:東海大学非常勤講師

これまでの作品例
「町田の住宅」
(更田)

延床:228.88m2
撮影:篠澤裕

「多気の住宅」
(更田)

延床:242.26m2
撮影:竹内宏俊

「Andon」
(横尾/共同設計:GRASSES)

延床:222.7m2
撮影:山田新治郎

BOX in BOX 概要

開発者 更田邦彦(フケダクニヒコ)/更田邦彦建築研究所
横尾真(ヨコオシン)/OUVI
地上階数 木造2階建て
建築面積 59.62 m2(18.0 坪)
延床面積 84.69 m2(25.6 坪)
外部周りの仕様 ・屋根材の仕様/ガルバリウム鋼板 0.35mm厚 立ハゼ葺き
・主要な外壁/ガルバリウム鋼板+断熱材 複合サイディングパネル 15mm厚
・主要なサッシ/アルミサッシ
外側の箱(outer BOX)内装仕上げ ・内壁、天井/構造用合板・構造材
・床/コンクリート金ゴテ仕上げ+防塵塗装
内側の箱(inner BOX)内装仕上げ ・内壁、天井/シナ合板
・床/タモ集成材フローリング15mm厚
キッチンの仕様 ・流し台面材/ステンレス
・ワークトップ/ステンレス
・シンク/ステンレス
・水栓/TOTOシングルレバー混合栓 THTK53A
・レンジフード/Panasonic FY-7HZC2-S
・食器洗い乾燥機/オプション(各種)
・コンロ(IHヒーター)/IH各種
浴室の仕様 ユニットバス(在来浴室の場合)
・床/せっ器質タイル
・壁/陶器質タイル
・天井/バスパネル
・浴槽/TOTO/ラフィア PHS1508F
・水栓金具/TOTO/サーモスタット混合栓 TMHG40CCR
1F トイレ仕様 ・床/コンクリート金ゴテ仕上げ+防塵塗装
・壁/シナ合板
・天井/シナ合板
・便器/TOTO ネオレストD1 CES9563R
・手洗い/TOTO コンパクト手洗器 LSH870AP
2F トイレの仕様 ・床/タモ集成材フローリング15mm厚
・壁/シナ合板
・天井/シナ合板
・便器/TOTO ウォシュレット一体型Zシリーズ CES9063LER
主な構造材 ・土台/ヒノキ120mm角
・管柱/集成材120mm角
・通し柱/集成材120mm角
・主な横架材/ベイマツ120mm角
断熱仕様 ・屋根/発泡ポリスチレンフォーム 25mm厚
・壁/グラスウール 100mm厚 他
・基礎/断熱塗装
・その他特徴/内側の箱は高気密・高断熱仕様
1F床土間コン下断熱材:発泡ポリスチレンフォーム 25mm厚
特記事項 1)1階土間スペース(outer space1)への大きな出入口は、建物の長手方向に設けることも可能。
2)敷地の間口(短手方向の距離)は最低8.00m必要。
3)1階土間スペース(outer space1)の床には、コンクリート埋設型の床暖房(オプション)が設置可能。
4)1階土間スペース(outer space1)には、薪ストーブ(オプション)も設置可能。
5)内側の箱(inner box)の床(1・2階共)には、蓄熱型床暖房が標準装備。

仕上げ材・設備に関する詳しい説明はお問い合わせください。

注1 CGに表現されていて表示価格に含まれないもの:置き家具、壁面取付け家具、冷蔵庫、各種備品、外構
注2 注1以外で表示価格に含まれないもの:地盤調査、地盤改良、外構工事、屋外工事(電気、給排水、ガス)、下水道接続工事、雨水排水工事、確認申請等諸費用
注3 このほか敷地条件などによって価格が変わる場合があります
注4 細かい仕様につきましてはお問い合わせ下さい

お問い合わせから契約までの流れ

下記フォームからお問い合わせをいただいた後、メールを中心にご回答・お打ち合わせをさせていただきます。私どもは営業行為を一切行いません。淡々とご質問に回答させていただきますので、お気軽にお声掛け下さい。

フォームよりお問い合わせ→さらに詳しい情報をご提供→遠隔でお打ち合わせ→敷地調査→工場の選択→ご契約
プロダクトハウスについて問い合わせる