プロダクトハウスの紹介

光熱費ゼロ住宅を目指して CUBE BOX in BOX T-HOUSE 成長する家 半農半居 i-works・15坪の家 フォルクスA-Pro 木造ドミノ住宅 モイスのいえ
シンプルボックス
成長する家
開発者 / 堀 啓二 (株式会社 山本・堀アーキテクツ+共立女子大学 建築設計研究室)

基本価格  Ask  万円(税別)~

延床面積 32.06  坪(106.0m2

高気密・高断熱のシンプルボックスによる
自然を感じられる可変性・更新性の高い住まい

設計のコンセプト―
自然を感じ、成長する住まい

 日本の住まいは、規格化された建具と畳によるフレキシブルな空間、自然通風、深い庇による日差しのコントロールなど、自然環境を活かし、自然を感じ、時の流れと自然環境に寄り添うようにつくられてきました。すなわち、日本の住まいは「良質な規格」と「良質なシステム」により出来上がっていました。「シンプルボックス」は、日本の住まいがもつこの特性を活かした、自然を感じながら住み続けられる住まいです。在来軸組工法+外張り断熱+断熱サッシによる高気密・高断熱のフレキシビリティの高い空間が、暖かみがあり、自然を感じ、成長する家を実現します。

間取りの特徴 ―
可変性の高さが実現する終の住まい

 合板による構造壁を建物の外周部に集約し、内部は構造壁がない柱のみとしています。そのことで、さまざまに利用できる南側縁側スペース(土間)、居間や個室などの主空間、そして北側の収納、水回りといった3層構成の住空間が、設備や間取りの可変性と更新性の高い空間を生み出し、変化する生活や家族構成に対応します。また、1階北側には個室への単独入り口を設けます。複数の入り口をもつことで、アトリエや事務所としての利用も可能で、外に開くことも可能です。

こんな暮らしにFIT ―
ライフスタイルに合わせ工夫を楽しむ

 構造壁を合板張りとし、さらに外張り断熱とすることで、内部構造材がそのまま仕上げになります。人にやさしく暖かみのある木質空間を楽しむことができます。木造で最も問題になる壁体内結露の心配もなく、構造材も露しのため構造にもやさしくメンテナンスも容易です。また露しとなった柱、間柱、胴縁の奥行きを利用した本棚、飾り棚、収納などを、生活者自らのライフステージ、ライフスタイルに合わせて、自由に工夫し造作することが可能です。自らが手を加え生活を豊かに出来ます。

外観

外観1

外観2

外観3

外観4

南側外観

東側外観

北側外観

西側外観

インテリア

リビング1

リビング2

キッチン

ダイニング

階段

個室

テラス

縁側

仕上げ材

天井

設計図書

平面図

※掲載されている画像及び映像はすべて図面に基づくCGです。
建築家プロフィール
堀 啓二(株式会社 山本・堀アーキテクツ)

1957年福岡県生まれ
80年東京芸術大学美術学部建築科卒業後、東京芸術大学美術学部建築科大学院を修了
同大建築科助手を経て、89年より(株)山本・堀アーキテクツ設立(共同主宰)
現在共立女子大学家政学部建築・デザイン学科教授
主な著書:「家づくりのきまりとくふう」(インデックスコミュンケーションズ)
       「住宅の「居心地」」(彰国社 共著)
       「ケンチクカ 芸大建築科100年 建築家1100人」(建築資料研究社 共著)

これまでの作品例
「青葉台の家」

延床:99.38m2

「喜多見の家」

延床:105.7m2

「旗の台の家」

延床:131.24m2

成長する家 概要

開発者 堀 啓二(株式会社 山本・堀アーキテクツ+共立女子大学 建築設計研究室)
地上階数 木造2階建て
建築面積 53.0 m2(16.03 坪)
延床面積 106.0 m2(32.06 坪) 2階テラス含む
外部周りの仕様 ・屋根材の仕様 / ガルバニウム鋼板t0.4平葺き
・主要な外壁 / サイディング貼り 横貼り
・主要なサッシ / アルミサッシ
リビングの仕上げ ・内壁 / 構造表わし 針葉樹構造用合板一部シナ合板目透かし貼りCL
・床 / フローリング貼り
・天井 / シナ合板目透かし貼りCL
キッチンの仕様 TOTO システムキッチンクラッソ
・流し台面材 / ステンレス
・ワークトップ / ステンレス
・シンク / ステンレス
・水栓 / TOTO水ほうき水栓(ハンドシャワー付)
・レンジフード / スーパークリーンフード(シルバー)
・コンロ / IHヒーター
浴室の仕様 ユニットバス TOTO
トイレの仕様 ・床 / フローリング貼り
・壁 / 構造表わし 針葉樹構造用合板一部シナ合板目透かし貼りCL
・天井 / シナ合板目透かし貼りCL
・便器 / TOTO ネオレスト
主な構造材 ・土台 / ヒノキ 105mm角
・柱 / スギ105mm角
・主な横架材 / ベイマツ105mm×240mm
断熱仕様 ・屋根 / スタイロフォームt40
・壁 / スタイロフォームt30
・床 / グラスウールt100

仕上げ材・設備に関する詳しい説明はお問い合わせください。

注1 CGに表現されていて表示価格に含まれないもの:置き家具、壁面取付け家具、ペンダント照明、冷蔵庫、各種備品、外構、屋外デッキ
注2 注1以外で表示価格に含まれないもの:地盤調査、地盤改良、外構工事、屋外工事(電気、給排水、ガス)、下水道接続工事、雨水排水工事、確認申請等諸費用
注3 このほか敷地条件などによって価格が変わる場合があります
注4 細かい仕様につきましてはお問い合わせ下さい

お問い合わせから契約までの流れ

下記フォームからお問い合わせをいただいた後、メールを中心にご回答・お打ち合わせをさせていただきます。私どもは営業行為を一切行いません。淡々とご質問に回答させていただきますので、お気軽にお声掛け下さい。

フォームよりお問い合わせ→さらに詳しい情報をご提供→遠隔でお打ち合わせ→敷地調査→工場の選択→ご契約
プロダクトハウスについて問い合わせる